低金利だと審査は厳しい?

カードローンの契約内容の中で、金利を気にする人は多いです。金利が低ければ、払う利息が少なくて済みます。有利な条件で借りたいならば低金利な所で借りるべきなのは確かです。

 

しかし、金利が低い時には審査もそれだけ厳しくなると覚悟しておきましょう。審査では様々な観点から融資可能かどうかを判断します。その中で特に重要な部分をまとめました。

 

低金利で借入れしたいのであれば、年収だけでなく勤続年数も大きなポイントとなります。できれば同じ会社で3年以上勤めているのが望ましいです。年収は高くなければいけないというわけではありません。安定しているかどうかの方が重要です。そういう意味では、自営業者などよりも、会社員の方が審査では有利です。

 

現在の収支の状況も重要なポイントです。例えばすでに他社のカードローンを契約中の場合、審査は不利になります。使っていないカードローンの契約が残っているならば解約して整理するのが望ましいです。収入のわりに家族が多い、家賃やローンの支払いがある場合にも審査に影響を与えます。

 

過去の借入れや返済の履歴はとても重要です。得に低金利なカードローンの場合、過去の返済遅れなどがあると、契約は難しいと覚悟しておきましょう。

 

低金利で借りられると話題のソニー銀行カードローンの利用においても審査が厳しくなるので、収入や信用情報で審査落ちとなる場合が多いです。