低金利なカードローンの特徴

カードローン契約を考えていて、金利が低い所を狙う人もいるでしょう。金利が低い程、かかる利息も少なくなります。同じ金額を借りても、払う利息が少なくて済むので、それだけ条件の良いカードローンといえます。

 

低金利なカードローンの利用を考えているなら知っておきたいポイントをまとめました。

 

 

最低金利と最高金利

カードローンの金利は各社公表していますが、幅があるのがわかります。例えばアコムなら4.7%~18.0%、東京三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックなら4.6%~14.6%です。自分にどの金利が適用されるのかは気になるところです。

 

適用金利は限度額と連動するケースが多いと覚えておきましょう。実はアコムなど消費者金融では、ほとんどが最高金利である18.0%が適用されます。金利は限度額が大きい程下がっていく傾向にあります。初回から多額の借入れには対応しづらい消費者金融の場合、限度額が低めからのスタートとなるので、必然的に最高金利が適用されます。

 

東京三菱UFJ銀行のバンクイックのような銀行系カードローンでも、限度額が大きい程金利が低くなります。100万円以下なら12.6%~14.6%の金利が適用されますが、限度額が高くなれば、やはり金利は下がります。

 

少額の借入れなら最高金利に注目する、そして金利を下げたければ限度額を増やすのがポイントです。

 

オリックス銀行のカードローンを見ても、貸付条件では限度額が上がると金利が下がるようになっているのが分かります。少額の借り入れでは年17.8%と消費者金融と大差ない金利となる場合がありますが、大きな金額なら低金利です。

 

オリックス銀行カードローンに関して詳しく知りたい場合にはオリックス銀行の金利条件でカードローンの基本情報も見ておくと良いでしょう。

 

低金利なのは銀行系カードローン

消費者金融よりも銀行のカードローンの方が、金利は低めです。低金利狙いで消費者金融を申込む人はあまりいません。銀行のカードローンの場合、少額の借入れでも最高金利が低めなので、低金利で利用ができます。

 

また、消費者金融は総量規制により、年収の1/3を超える金額の貸付けが行えません。元々が多額の融資に向いていないのです。総量規制対象外の銀行の方が、多額の融資に向いています。金利は限度額が高い程下がるので、この点を踏まえて、多額の借入れができる銀行の方が金利を下げやすいといえます。

 

つまり限度額が高くても低くても、銀行の方が低金利で借りやすい点には変わりないのです。

 

プレミアムプランを狙う

銀行のカードローンの場合、通常タイプの他に、プレミアムプランが用意されている所もあります。通常のカードローンよりも限度額が高く、金利も低めに設定されています。低金利で借入れを狙っているならばプレミアムプランがねらい目です。

 

例えばみずほ銀行のカードローンには、コンフォートプランとエグゼクティブプランがあります。コンフォートプランの金利は3.5%~14.0%ですが、エグゼクティブプランなら3.0%~7.0%という低金利でカードローン契約が結べます。ただし、みずほ銀行の場合は、プランはこちらから選択するのではなく、審査の結果によって決定します。

 

プレミアムプランでのカードローンを組む時には、みずほ銀行のように審査結果によって決定するタイプの他に、いくつかの条件を満たせば申込みができるタイプのものもあります。

 

例えば年収○○万円以上、勤続年数○年以上、住宅ローン利用中、給与振込先として利用中、などとった条件を満たせば申込みができるプレミアムプランもあります。

 

低金利ならではの注意点とは

低金利で契約できるカードローンには、特有の注意点もあります。まず、金利が低い程審査もまた厳しくなる点には注意が必要です。申込みの時点で年収や勤続年数に条件がついているものもありますし、そうでなくとも金利が低ければそれなりの収入、職歴が求められます。

 

また、結果的に限度額が大きくなりがちなので、使い過ぎには注意が必要です。そして、低金利なカードローンの場合、審査やカード発行まで時間がかかる場合があります。急ぎでお金が必要な時には、金利よりも融資までのスピードを考えて選ぶべきでしょう。

 

中には金利の低さと審査や融資の早さを兼ね備えた三井住友銀行の即日融資カードローンもありますが、審査の基準が厳しいために借り入れが難しい欠点もあります。

 

総合的に判断し、希望内容に合わせて借りられるカードローンを選ぶようにすれば失敗もしにくくなるでしょう。